カボチャのスープnewインスタ10月の過去記事

センニンソウ

キンポウゲ科 センニンソウ属

Clematis terniflora var. terniflora

〔基本情報〕日当たりのよい林縁や草原、道端などでみられる落葉つる性の多年草。
茎は緑色で無毛です。
葉柄や小葉柄が巻きつける相手に触れるとその反対側が成長してからみます。
葉は対生する奇数羽状複葉です。
小葉は3~7枚(多くは5枚)あり、卵形でやや光沢があります。
小葉の縁は全縁ですが、下部のものはしばしば切れ込みます。
枝先や葉腋に大きな円錐状となる3出集散花序を出し、多数の花を上向きに咲かせます。
花は白色で径2~3cm、花弁はなく、花弁状の萼片が4個、十文字につきます。
萼片は倒披針形で、縁に白い毛が密にはえます。
多数の雄しべがめだちます。
果実は長さ7~10mmで赤褐色の痩果です。
果実には雌しべの花柱が長さ2.5~3cmと長く伸びて残り、銀白色の毛を密生させて羽毛状になります。

〔備考〕果実につく毛を仙人のヒゲに例えた名とされます。
名前 センニンソウ (仙人草)
sweet autumn clematis、sweet autumn virginsbower
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~琉球、小笠原)、朝鮮南部、台湾、中国中部
生活型 ? つる性草本
常緑・落葉 ? 落葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花の色 ?
花径 ? 20〜30mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 48052
検索サイトの検索キー ? センニンソウ