秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

ボタンヅル

キンポウゲ科 センニンソウ属

Clematis apiifolia var. apiifolia

〔基本情報〕日当たりのよい林縁や草原などでみられる落葉~半常緑つる性の多年草。
茎の基部は木質化します。
葉柄や小葉柄が巻きつける相手に触れると長く伸びてからみます。
葉は対生する1回3出複葉です。
小葉は長楕円形~卵形で先が尖り、縁に不ぞろいな鋸歯があります。
葉の表面は葉脈がへこみます。
今年伸びた枝の葉腋に3出集散花序を出し、多数の花を上向きに咲かせます。
花は白色で径1.5~2cm、花弁はなく、花弁状の萼片が4個あります。
萼片は長楕円形で、外側に短い毛がはえます。
多数の雄しべがめだちます。
果実は長さ4mmの痩果です。
果実には雌しべの花柱が長く伸びて残り、毛を密生させて羽毛状になります。

〔備考〕葉の形がボタンの葉に似ることから名がついたとされます。
名前 ボタンヅル (牡丹蔓) 、ワクノテ
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国
生活型 ? つる性草本
常緑・落葉 ? 半常緑、落葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 65075
検索サイトの検索キー ? ボタンヅル
エバーグリーンポストでの記事 [ボタンヅル]夏も冬も白の存在感|キンポウゲ科センニンソウ属|エバーグリーン