春花壇にむけてnew / アロエを見に行く11月の過去記事

サラシナショウマ

キンポウゲ科 サラシナショウマ属

Cimicifuga simplex

〔基本情報〕山地の落葉広葉樹林内や林縁、草原などでみられる高さ50~150cmの多年草。
太い根茎があります。
根茎からは毎年1本茎を出し、茎の上部には白い毛がはえます。
葉には根出葉と茎に互生する茎葉があります。
根出葉と茎の下部の葉は大きく、3回3出複葉となります。
小葉は長さ3~8cmの卵形で、しばしば3裂して、縁には不揃いな欠刻状の鋸歯があります。
葉の両面には細い毛がはえます。
茎の上部の葉は2~3回3出複葉となります。
長い円柱状の総状花序を出し、花序には短い白い毛が密にはえます。
花は白色で小さく、花弁状の萼片と花弁がありますが、開花後すぐに落ちてしまい、花には多数の白い雄しべがめだちます。
そのため、花序はブラシ状に見えます。
花には花柄があります。
果実は長さ1cmほどの袋果です。

〔利用〕若芽を山菜として食べるほか、根茎は「升麻」という生薬として扱われます。

〔備考〕若芽をゆでて水にさらしたことから「晒菜」の名があります。
名前 サラシナショウマ (晒菜升麻) 、イッポンショウマ (一本升麻)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、シベリア東部~カムチャッカ、千島、樺太
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜1500mm
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯、欠刻
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
日本花き取引コード ? 16726
検索サイトの検索キー ? サラシナショウマ
エバーグリーンポストでの記事 [サラシナショウマ]渓谷で出合う野草たち|キンポウゲ科サラシナショウマ属|エバーグリーン