春花壇にむけてnew11月の過去記事

ミヤマオダマキ

キンポウゲ科 オダマキ属

Aquilegia flabellata var. pumila

〔基本情報〕
高山の草地や礫地にはえる高さ15~30cmの多年草。
太くて丈夫な根茎をもちます。
茎は上部でまばらに枝分かれします。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は長さ1.5~6cm、幅2~7cmの2回3出複葉で、3~10枚出ます。
小葉は扇形~卵状菱形で3裂して、縁にはまるく大きな鋸歯があります。
根出葉には長さ2~20cmの葉柄があります。
茎につく葉は1~2枚が互生し、長さ1~4cm、幅2~7cmの1回3出複葉となり、短い葉柄をもちます。
茎の先に総状花序を出し、径3~4cmで淡い青紫色の花を1~3個、下向きに咲かせます。
花は独特な形で、花弁状の萼片が5枚開き、花弁は中心に筒状に集まります。
花弁の下半部は袋状の細長い距となって萼片の間から花の後へ長く突き出します。
距の中には蜜がたまっています。
果実は袋果です。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
株分けは根茎が自然に分かれている部分を手で分けます。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
真夏の直射日光では弱ることがあるので、夏場は、鉢植えの場合は風通しのよい明るい日陰に移動させ、地植えの場合は落葉樹の木陰になるような場所に植えるとよいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
肥料は元肥を施せばほとんど必要ありませんが、鉢植えの場合は開花中に液肥を2週間に1回与えてもよいです。
病虫害としては軟腐病、うどんこ病、アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ナメクジなどがあります。

〔備考〕
花の形を、紡いだ麻糸を巻いた苧環に例えた名です。
名前 ミヤマオダマキ (深山苧環) 、ヒメオダマキ (姫苧環)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:中部地方以北)、南千島、サハリン、朝鮮半島北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? オダマキ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 150〜300mm
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花径 ? 30〜40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 軟腐病、うどんこ病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 22248
検索サイトの検索キー ? ミヤマオダマキ

「ミヤマオダマキ」への投稿写真