かんきつ事情new図鑑充実投稿数制限7月の過去記事

レモングラス

イネ科 オガルカヤ属

Cymbopogon citratus

〔基本情報〕
高さ1.5~2mになる多年草。
葉は地際から多数出て、長さ90cm、幅1.2~2cmの線形~披針形です。
葉には中央脈が目立ち、葉の縁はざらつきます。
ボート状の苞鞘に抱かれた花序が、さらに円錐状につき、長さ60cmほどになる花序をなします。
各花序には総が2個ずつつき、1個の総は無柄と有柄の小穂が対になって並び、無柄の小穂は両性で、有柄の小穂は雄性で無芒です。

〔来歴〕
インド南部やスリランカ原産とされますが栽培型のみが知られ、原産地ははっきりしません。
日本へは大正時代初期に渡来したといわれています。

〔利用〕
葉をもむとレモンのような香りがあり、タイ料理などで香りづけとして用いられるほか、ハーブティーにもされます。
また、香料植物として精油が利用されます。
インドでは伝統医学アーユルヴェーダで薬用とされます。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
耐寒性がないため関東より北では戸外越冬できません。
気温が下がり始めたら刈り込んで、敷き藁などで防寒して越冬させます。
日当たりと風通しのよい場所に植えます。
土質は特に選びませんが、常に湿り気がある状態を好みます。
酸性の土壌は嫌います。
大株になるので広いスペースを確保します。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
庭植えの場合は晴天が続いて極端に乾燥する場合を除き、降雨にまかせます。
越冬させる場合も乾燥しすぎない程度に水を与えます。
施肥は特に必要ありませんが液肥を月に2回ほど与えると生育がよくなります。
病虫害は特にありません。
名前 レモングラス 、レモンガヤ 、レモンソウ
lemon grass、oil grass
花咲く季節 ? 7月
分布または原産地 ? インド南部、スリランカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
草丈・樹高 ? 1500〜2000mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 円錐花序、小穂
花序の長さ ? 600mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、コンテナ
香り ? 柑橘系
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、飲用、精油、ポプリ、浴用
日本花き取引コード ? 19113
検索サイトの検索キー ? レモングラス
エバーグリーンポストでの記事 [レモングラス]Totさんの“ハーブ活用術”Vol.1 レモングラスの乾燥の仕方|イネ科オガルカヤ属|エバーグリーン

「レモングラス」への投稿写真