ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ミョウガ

ショウガ科 ショウガ属

Zingiber mioga

〔基本情報〕
高さ40~100cmの多年草。
野生でも見られますが、ふつうは栽培されます。
細い円柱状の地下茎をもち、地下茎には多くの節があって地中を横に走ります。
葉は単葉で2列互生状に出て、長さ20~30cm、幅3~6cmの長楕円形~披針形です。
葉の基部は鞘状に茎を抱いて巻き重なり、これが偽茎となります。
花茎は偽茎とは別に地下茎の先から伸び、高さ5~10cmほどで、先端に長さ5~7cmで長楕円形の花序をつけます。
花序には赤緑色の苞が密につき、その間から次々に花が咲きます。
花は径5cmで淡い黄色で、1本の仮雄ずいが花弁状に発達してめだちます。
1つの花は1日でしぼみます。
果実はあまり見られませんが、蒴果で、熟すと裂け、内側は赤色で、黒い種子が白い仮種皮に包まれた独特の姿になります。
花の出る時期により夏ミョウガと秋ミョウガの2系統があります。

〔来歴〕
自生のものは古くに中国から渡来し、野生化したと考えられています。

〔利用〕
花序や若い茎葉に辛みと芳香があり、香味野菜として利用されます。
花序は「花ミョウガ」または「ミョウガの子」、若い茎葉は「ミョウガタケ」とよばれます。

〔栽培〕
増殖は地下茎によります。
水はけがよく適度に水分のある腐植質に冨んだ土壌を好みます。
日向~半日陰で育ちます。
病虫害としては根茎腐敗病、いもち病があります。
名前 ミョウガ (茗荷)
mioga
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
草丈・樹高 ? 400〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花の色 ? 黄白
花径 ? 50mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 根茎腐敗病、いもち病
味覚 ? 辛味
食用 ? 花、葉、茎
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 22456
検索サイトの検索キー ? ミョウガ
エバーグリーンポストでの記事 [ミョウガ]お庭レシピ 第22回 庭先のミョウガ|ショウガ科ショウガ属|エバーグリーン