図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

ゲットウ

ショウガ科 ハナミョウガ属

Alpinia zerumbet

〔基本情報〕
高さ2~3mの常緑多年草。
根茎をもちます。
数個の葉が2列に出て、葉鞘が巻いて重なり偽茎となります。
葉は長さ30~60cm、幅5~10cmの披針形で、先がとがります。
葉の両面には毛はなく、縁に褐色の毛が多くはえます。
葉舌にも毛が密にはえます。
偽茎の先から長さ20~30cmの穂状花序を出し、花序の先は垂れ下がり、花序軸には褐色の毛があります。
花は長さ4~5cmで、1本の仮雄ずいが花弁状に発達してめだちます。
唇弁状に広がる仮雄ずいは黄色地に紅色の斑点と筋があります。
花を包む苞は長さ2~2.5cmの楕円形で、先が赤色を帯びた白色です。
果実は長さ2cmほどの卵球形で、赤く熟し、表面には縦方向のうねと毛があります。
果実の先端には萼が残ります。

〔利用〕
種子を白手伊豆縮砂(シロデイズシュクシャ)といい薬用や料理にもちいます。
葉は食べ物を包むのに使用されます。
繊維からは荷を結束する紐などがつくられました。
精油も得られます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
霜の降りない地域であれば戸外越冬可能です。
日向~半日陰で、水はけ水もちのよい土壌を好みます。
真夏の直射日光が強い時期は半日陰のほうがよいです。
水やりは鉢植えの場合は春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
地植えの場合は降雨にまかせます。
霧吹きで葉水を与えるとよいです。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料もしくは液肥を与えます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕
名は漢名の月桃を音読みしたものです。
名前 ゲットウ (月桃)
shell ginger、pink porcelain lily、variegated ginger、butterfly ginger
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(九州南部~琉球、小笠原)、台湾、東南アジア、インド、スリランカ
ハーディネスゾーン ? 9a〜10b
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 桃、白
花序の長さ ? 200〜300mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 鉢植、生垣、切花、公園・庭園
有用 ? 薬用、飲用、精油、その他クラフト
日本花き取引コード ? 19034
検索サイトの検索キー ? ゲットウ
エバーグリーンポストでの記事 [ゲットウ]沖縄で出合った伝統的な縁起菓子・ムーチー|ショウガ科ハナミョウガ属|エバーグリーン

「ゲットウ」への投稿写真