東照宮の花newエバーグリーンのインスタ

トウギボウシ

キジカクシ科(クサスギカズラ科) ギボウシ属

Hosta sieboldiana var. sieboldiana

〔基本情報〕
山地の草原や林縁でみられる多年草。
根茎をもちます。
葉は根出する単葉で、長さ30~40cmの楕円形~卵形で、表面の脈はへこみます。
葉の表面には光沢がなく、縁は全縁です。
葉の基部は葉柄に流れません。
高さ50~100cmの花茎の先に総状花序を出し、多数の花をつけます。
大きく厚みのある長楕円形の苞があります。
苞は花茎の伸びはじめには重なり合ってつぼみを包み、その後展開して、開花時には花茎と直角に開きます。
花は長さ4~5cmの漏斗状の6弁花で、白または淡い紫色です。
花は朝開いて夕方しぼむ1日花です。
果実は蒴果で、種子の片側には翼があります。

〔利用〕
若葉やつぼみを山菜として利用します。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日向~明るい日陰で水はけ、水もちがよく適度に湿り気のある土壌を好みます。
夏の強い直射日光では葉焼けをおこすことがあるので、鉢植えの場合は夏は風通しのよい日陰に移動し、地植えの場合は落葉樹の下などに植えるとよいです。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は春と秋に有機質の肥料を置き肥します。
病虫害としては白絹病、ウイルス病、アブラムシ、ナメクジなどがあります。
名前 トウギボウシ (唐擬宝珠) 、オオバギボウシ (大葉擬宝珠) 、ハヤザキオオバギボウシ 、ウノハナギボウシ 、ウツリギボウシ 、アツバギボウシ、ウルイ
short cluster plantain lily、Siebold plantain lily、Siebold's plantain lily、cushion plantain lily、Siebold funkia、Siebold's funkia
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道南西部~九州)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、9月、10月
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー、盆栽、鉢植、花壇、公園・庭園、法面緑化、壁面緑化、水辺緑化、コンテナ
病害 ? 白絹病、ウイルス病
虫害 ? アブラムシ、ナメクジ
食用 ?
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 36742
検索サイトの検索キー ? トウギボウシ
エバーグリーンポストでの記事 [オオバギボウシ]全国に分布し視覚以外でも愉しめます|キジカクシ科ギボウシ属|エバーグリーン