春花壇にむけてnew11月の過去記事

スイセン

ヒガンバナ科 スイセン属

Narcissus tazetta var. chinensis

〔基本情報〕
海岸近くでみられる高さ20~40cmの多年草。
地下に広卵形の鱗茎をもちます。
葉は根出する単葉で、長さ20~40cm、幅0.8~1.6cmの扁平な線形~帯状となり、先はまるいです。
葉の色は粉白色を帯びた緑色です。
葉は4~6枚が冬に出て、初夏に枯れて、夏は休眠します。
葉と花茎はぼ同時期に出ます。
高さ20~40cmの花茎の先に散形花序を出し、5~8個の花がつきます。
花序には膜質の苞があります。
花は径3~4cm、6枚の花被片は長さ1.5cmほどの白色でほぼ平開し、副花冠は黄色で花被片の半分ほどの長さの杯状になります。
花には芳香があります。
結実しません。

〔来歴〕
地中海沿岸地域原産のフサザキズイセンの一型で、シルクロードを通って中国から古くに渡来したものが、野生化したものであろうと考えられています。

〔栽培〕
増殖は分球によります。
日当たりと水はけのよい場所であれば特に土質は選びません。
粘土質など重い土の場合は砂やピートモスなどを混ぜます。
地植えで植えっぱなしにする場合は、落葉樹の下などが向きます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、休眠中は控えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥として堆肥や緩効性化成肥料を施すほか、リン酸、カリ分の多い肥料を2月頃と花後に施します。
病虫害としては底腐病、モザイク病、アブラムシ、ネマトーダ、根ダニなどがあります。
名前 スイセン (水仙) 、ニホンズイセン (日本水仙)
paperwhite、bunch-flowered narcissus、bunch-flowered daffodil、Chinese sacred lily、cream narcissus、joss flower、polyanthus narcissus
花咲く季節 ? 12月、1月、2月、3月、4月
分布または原産地 ? 日本(本州:関東地方以西、九州)に野生化している
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 黄、白
花径 ? 30〜40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根、苗
繁殖方法 ? 球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ハンギングバスケット
病害 ? 底腐病、モザイク病
虫害 ? アブラムシ、ネマトーダ、根ダニ
二十四節気、七十二候 ? 立冬 末候
日本花き取引コード ? 14922
検索サイトの検索キー ? スイセン

「スイセン」への投稿写真