ムラサキシキブnewいいねしよう11月の過去記事

ノビル

ヒガンバナ科 ネギ属

Allium macrostemon

〔基本情報〕地下に鱗茎ができる多年草。
草原や道端などで普通にみられます。
鱗茎は径15mmほどの球形です。
葉は2~4個が根出し、長さ20~30cm、幅2~3mmほどの線形で、断面は三日月状の中空になります。
花茎は40~60cmで葉がつかず、先端に散形花序をつけます。
花序ははじめ総苞に覆われて、鳥のくちばしのような形をしています。
花は白~淡い紅色、花被片は長さ4~6mmの卵状長楕円形で、雄しべが花被片より著しく長いです。
花序のうち、花の一部または全部が珠芽(むかご)になることがあります。
果実は蒴果です。

〔利用〕ニンニクのような臭いがあり、鱗茎や若芽を春の野草として食べます。
名前 ノビル (野蒜) 、チョウセンノビル
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、中国、台湾
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400〜600mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ノビル