筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

カタクリ

ユリ科 カタクリ属

Erythronium japonicum

〔基本情報〕
落葉樹林内などに群生することが多い高さ10~20cmの多年草。
中部地方以北に多く、四国や九州では少ないです。
周囲の木や草が茂る頃には、実を結んで地上部が枯れ、活動を終えるスプリング・エフェメラルの代表的な植物のひとつです。
地下に長さ5~6cmで長楕円形の鱗茎をもちます。
鱗茎は根の牽引作用で地下深く(最大30cm)にもぐります。
発芽後、1年目の葉は糸状です。
その後、開花株となるまで楕円形の葉が1個だけ出ます。
花がつく株の葉は2個が根出します。
葉は長さ6~12cmの長楕円形~卵形で暗紫色の斑紋があります。
葉には長い葉柄がありますが、柄の部分が地下に埋まっているため、葉の部分のみが地上に出ます。
花は鱗茎から伸びた花茎の先に単生し、うつむいて下向きに開きます。
花は紅紫色の6弁花で、花被片は長さ4~5cmの披針形で強く反り返ります。
花被片の基部近くには蜜腺があり、ギフチョウが密を吸いに訪れます。
蜜腺の上部にはW字形の濃い紫色の斑紋があり、蜜がある目印(蜜標)と考えられています。
雄しべは6個で、葯は濃い紫色です。
果実は蒴果で、果実の時期には花茎が30cmまで伸びて地面に倒れます。
種子にはアリが好む附属体(エライオソーム)があり、アリによって運ばれて散布されます。

〔利用〕
かつてはこの鱗茎から澱粉(カタクリ粉)をとりました。
現在流通している片栗粉はジャガイモの澱粉です。
若葉は山菜として茹でて食べられます。

〔栽培〕
増殖は実生によりますが、開花まで7~8年かかります。
種子は6月に果実が熟したら採取し、とりまきとします。
分球する力が弱いので球根では増やせません。
冬から花の時期には日当たりがよく、葉が枯れ始めてからは明るい日陰になるような涼しい場所で管理します。
地植えの場合は落葉樹の下がよいです。
有機質が多く、水はけのよい土壌を好み、鱗茎が深く潜るので深鉢に植えます。
水やりは鉢植えでは、芽出しから葉のある時期は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、落葉後は完全に乾かない程度に与えます。
地植えの場合は特に必要ありません。
施肥は秋に緩効性肥料を置き肥し、秋から葉が枯れるまで週1回、薄めた液肥を施します。
病虫害としてはさび病があります。

〔備考〕
名は古名の「かたかご」が「かたこゆり」となり、さらに「かたくり」に転じたとされ、「片栗」という漢字は当て字とされます。
名前 カタクリ (片栗) 、カタカゴ (堅香子、傾籠)
Asian fawnlily
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、南千島、朝鮮、中国、樺太
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 6月、8月、9月
草丈・樹高 ? 100〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? さび病
食用 ? 球根
有用 ? 食用
動物との関わり ? 種子にはアリが好む附属体(エライオソーム)があり、アリによって運ばれて散布されます。
日本花き取引コード ? 12503
検索サイトの検索キー ? カタクリ
エバーグリーンポストでの記事 [カタクリ]春の妖精|ユリ科カタクリ属|エバーグリーン