おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

バイケイソウ

シュロソウ科 シュロソウ属

Veratrum oxysepalum var. oxysepalum

〔基本情報〕
山地の林内や湿った草原などにはえる高さ60~150cmの多年草。
太く短い地下茎をもちます。
葉は互生する単葉で、茎の中ほどから上につく葉は長さ20~30cm、幅20cmほどの楕円形、葉の基部は鞘となって茎を抱きます。
茎の下部の葉は鱗片状になり、茎を囲みます。
茎先に大きな円錐花序を出します。
花は径0.8~2.5cmで緑白色の6弁花です。
雄しべは花被片の1/2の長さです。
果実は蒴果で長さ2cmほどの楕円形です。

〔利用〕
有毒ですが、根茎を薬用としていました。

〔備考〕
花をウメに、葉をケイランという蘭に例えた名です。
名前 バイケイソウ (梅蕙草) 、エゾバイケイソウ (蝦夷梅蕙草)
False Helleborine
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州)、、朝鮮、中国東北部、千島、サハリン、ウスリー、ダフリア、カムチャツカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 600〜1500mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 緑、白
花径 ? 8〜25mm
葉の色 ?
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? バイケイソウ