変化に富む花new悪しき実4月の過去記事いいねしよう

ミヤマエンレイソウ

シュロソウ科 エンレイソウ属

Trillium tschonoskii

〔基本情報〕山地のブナ林など湿り気のある林内にはえる高さ20~40cmの多年草。
太く短い根茎をもちます。茎は1~3本直立し、茎先に葉が3枚輪生します。
葉は長さ6~15cmほど、幅も同長の卵状菱形で全縁、先が急にとがります。
葉の中心に花を1個つけます。
花は緑色の外花被片が3枚、白色でときに淡い紅紫色の筋がはいる内花被片が3枚あり、内花被片は外花被片より長いです。
果実は径1~2cmの球形の液果で緑色に熟します。
花がない時期のエンレイソウとの区別は難しいです。

〔備考〕エンレイソウより高所にはえる傾向があるため、この名がつきました。
名前 ミヤマエンレイソウ (深山延齢草) 、シロバナエンレイソウ (白花延齢草)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? エンレイソウ、オオバナノエンレイソウ
草丈・樹高 ? 200〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 輪生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
用途適性 ? 鉢植
検索サイトの検索キー ? ミヤマエンレイソウ
エバーグリーンポストでの記事 [エンレイソウ]湿地に春を告げるエンレイソウ|シュロソウ科エンレイソウ属|エバーグリーン

「ミヤマエンレイソウ」への投稿写真