いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

ショウジョウバカマ

シュロソウ科 ショウジョウバカマ属

Helonias orientalis

〔基本情報〕山地の落葉樹林内や低地の二次林内のやや湿った場所にはえる常緑多年草。
根出葉を多数ロゼット状に出します。葉は長さ7~20cm、幅1.5~4cmほどの狭長楕円形で表面に光沢があります。
葉の先が地面につくと、そこに不定芽がつき小苗ができます。
葉の中心から伸びた高さ10~30cmの花茎の先に短い総状花序をつけ、3~10個の花が横~下向きにつきます。
花は濃紫~淡紅色で、花被片は6個あり長さ1~1.5cmの披針形、雄しべも6個で、葯は黒紫色です。
果実は蒴果で、果実が熟すころには花茎は50~60cmほどに伸びます。

〔栽培〕増殖は株分けか葉挿しによります。
半日陰で水はけがよい場所を好みますが、乾燥を嫌います。

〔備考〕名は赤い花を猩猩に、広がる葉を袴に例えたとされますが、はっきりしません。
名前 ショウジョウバカマ (猩猩袴)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、サハリン
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
形状 ? ロゼット
草丈・樹高 ? 100〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 紫、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け、葉挿
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、壁面緑化
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 21656
検索サイトの検索キー ? ショウジョウバカマ