みかんを残さずnew年間ランキング1月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

ザゼンソウ

サトイモ科 ザゼンソウ属

Symplocarpus renifolius

〔基本情報〕
北国に多く、日当たりのよい湿原や湿地林内でみられる高さ40cmになる多年草。
全体に悪臭があります。
太く短い根茎をもちます。
葉は開花時は小さいですが、花後に長さ・幅とも40cmほどの円心形に成長し、長い柄をもちます。
雪解けごろに、紫褐色~汚緑色の仏炎苞に包まれた高さ10~20cmの花茎を出し、長さ2cmで楕円形の肉穂花序をつけます。
仏炎苞は長さ20cm、径15cmになり、ボート状で、ごく肉厚、先が尖って内側に曲がります。
花は淡緑色で小さな4弁花で肉穂花序の表面に多数つきます。
果序は球形で、スポンジ状の花軸の中に種子が埋まり、熟すと果序が地上に横たわって花軸がくずれて種子を散らします。

〔備考〕
仏炎苞に包まれた花序の形を座禅を組む僧に例えた名前です。
名前 ザゼンソウ (座禅草) 、ダルマソウ (達磨草)
skunk cabbage、eastern skunk cabbage、swamp cabbage、clumpfoot cabbage、meadow cabbage、foetid pothos、polecat weed
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州)、朝鮮、アムール、ウスリー、サハリン
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
花のつき方 ? 肉穂花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花序の長さ ? 20mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 水辺緑化
日本花き取引コード ? 20212
検索サイトの検索キー ? ザゼンソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ザゼンソウ]雪解けのザゼンソウ|サトイモ科ザゼンソウ属|エバーグリーン