図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

ミズバショウ

サトイモ科 ミズバショウ属

Lysichiton camtschatcense

〔基本情報〕
北国に多く、山地の湿原やハンノキ林の流水べりなど水湿地にしばしば群生し、高さ1mになる多年草。
太い地下茎をもちます。
葉は開花時は小さいですが、花後に長さ80~100cm、幅30cmほどの大きな楕円形に成長します。
雪解け直後に、白色の仏炎苞に包まれた高さ10~30cmの花茎を出して棍棒状の肉穂花序をつけます。
花は径3.5~4mmの淡緑色の4弁花で肉穂花序の表面に多数つきます。
果実は緑色の液果で、熟すと水に落ちて水流にのって運ばれます。

〔備考〕
花の後に出る大きな葉をバショウに例えた名です。
名前 ミズバショウ (水芭蕉)
Asian skunk-cabbage、white skunk cabbage
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州:兵庫県・中部以北の日本海側)、千島、樺太、サハリン、カムチャツカ、ウスリー
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
花のつき方 ? 肉穂花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花径 ? 3〜4mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 水辺緑化
日本花き取引コード ? 81042
検索サイトの検索キー ? ミズバショウ
エバーグリーンポストでの記事 [ミズバショウ]水の妖精?〜ミズバショウ|サトイモ科ミズバショウ属|エバーグリーン