• 芝植え実体験new
  • エバーグリーン@Instagram
  • 編集記事一覧
  • 文一総合出版

    ヤマコウバシ

    クスノキ科 クロモジ属

    Lindera glauca

    枝や葉を折るとショウブににた香りがあり、低山から山地斜面や尾根などにはえる落葉低木。雌雄異株ですが、日本には雌株しかないといいます。
    春、葉と同時に枝の腋芽基部に数花が散形状につきますが、この腋芽は伸張して枝になるので、果実は枝の基部に取り残されたようになります。
    秋に橙褐色に色づいた葉は枯れても多くは落葉せず、翌年の萌芽時に散ります。
    果実は黒熟し、辛味があります。
    名前 ヤマコウバシ (山香) 、カワカミコウバシ
    花咲く季節 ? 4月
    分布または原産地 ? 日本(本州の関東以西、四国、九州)、朝鮮、中国
    検索サイトの検索キー ? ヤマコウバシ