ノコギリのようなnew残暑の3冊いいね!しよう8月の過去記事

文一総合出版

フタバアオイ

ウマノスズクサ科 カンアオイ属

Asarum caulescens

山地のブナ林などに群生する多年草。
葉を2枚対生状につき、心臓形で、縁に長い毛が列になってはえます。花は葉が出るのとほぼ同時に咲き、淡い紅紫色で下向きにつきます。花弁はなく、椀型の萼筒があり、萼片が反り返ります。
葉は家紋や京都葵祭の象徴として使われています。徳川家の葵の紋どころは、この葉の形に由来します。
名前 フタバアオイ (双葉葵、二葉葵) 、カモアオイ
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(東北地方南部、四国、九州)
検索サイトの検索キー ? フタバアオイ
エバーグリーンポストでの記事 [フタバアオイ]徳川家の紋所〜フタバアオイ|ウマノスズクサ科カンアオイ属|エバーグリーン