おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

クサソテツ

コウヤワラビ科 クサソテツ属

Matteuccia struthiopteris

〔基本情報〕
山地の草原や湿った場所でみられ、しばしば群生する夏緑性シダ。
根茎は直立茎と匍匐茎ならなり、直立茎は径2~9cmの塊状で、葉を叢生します。
葉には栄養葉と胞子葉があります。

栄養葉の葉柄は長さ8~25cmで、わら色、鱗片は披針形で黒色~黒褐色です。
栄養葉は長さ50~150cm、幅15~60cmになる倒卵形~倒卵状披針形の羽状葉です。
羽片は数多くあり、羽状に深く裂け、下部の羽片はしだいに小さくなります。

胞子葉の葉柄は長さ12~30cmです。
胞子葉は長さ15~35cm、幅3~7cmになる狭倒披針形の羽状葉です。
羽片は数多くあり、浅く羽状に裂け、裏側に巻いて胞子嚢群を包みます。
胞子嚢群は羽軸の両側に2~3列に並びます。

〔利用〕
春の新芽をコゴミの名で山菜として利用します。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
日向~半日陰で、水もちがよく肥沃な土壌を好みます。
乾燥を嫌います。
夏に晴天が続いて乾燥するようなら水やりをします。
名前 クサソテツ (草蘇鉄) 、ガンソク (雁足) 、コゴミ
ostrich fern、fiddlehead fern、shuttlecock fern
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、東アジア、ヨーロッパ、北アメリカ東部
生活型 ? シダ
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
葉の特記事項 ? 栄養葉と胞子葉があります。
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐湿性
用途適性 ? グラウンドカバー、切花、公園・庭園、水辺緑化
食用 ? 葉、茎
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 19054
検索サイトの検索キー ? クサソテツ

「クサソテツ」への投稿写真