3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

ヒョウタン

ウリ科 ヒョウタン属

Lagenaria siceraria var. siceraria

〔基本情報〕
つる性の一年草。
茎は長く伸びます。
葉は互生する単葉で、心形、葉の縁は浅く掌状に裂けます。
花には雄花と雌花があり、ともに白色で、花冠の先は5裂し、夕方に開いて翌日の午前中にはしぼみます。
果実はふつう真ん中がくびれ、上下が丸くなる、いわゆるひょうたん形となります。
果実の大きさや形は品種によりさまざまで、首が長いものや、細長いものもあります。

〔来歴〕
『日本書紀』に瓢(ひさご)の名があります。

〔利用〕
果実は食中毒の原因にもなるククルビタシンという苦み成分を多く含むため、食用にはしません。
果肉や内側の綿などを取り除いて乾燥させ、容器としても用います。
浮きと漁具、楽器などにもされます。
果実や葉を薬用とします。
日本では意匠として多く用いられ、武将の旗印や馬印などにも使われました。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
生育旺盛で、強健、育てやすいです。
日当たりと風通し、水はけがよく肥沃な土壌を好みます。
ヘチマのように棚づくりにするとよいです。
水やりは過湿にならないよう注意し、土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は元肥を施すほか、液肥を週に1回または緩効性化成肥料を月に1回施します。
着果後は肥料切れをおこさないよう、追肥を施します。
果実は孫づる以降によくつくので、主茎(親づる)が2mほどに伸びたら摘芯し、子づるの発生を促します。
子づるが6節くらい伸びたら摘芯し、孫づるの発生を促します。
雌花が咲いたら、人工受粉をします。
病虫害としてうどんこ病、つる割病、つる枯病、べと病、炭そ病、ウリハムシ、アブラムシなどがあります。
名前 ヒョウタン (瓢箪) 、ひさご 、ふくべ
bottle gourd、calabash gourd、white-flowered gourd
花咲く季節 ? 7月、8月
実のなる季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? アジア、アフリカ
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? つる
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 壁面緑化、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病、つる割病、つる枯病、べと病、炭そ病
虫害 ? ウリハムシ、アブラムシ
有用 ? 薬用、その他クラフト
文化との関わり ? 『日本書紀』に登場します。日本では意匠として多く用いられます。
日本花き取引コード ? 23506
検索サイトの検索キー ? ヒョウタン
エバーグリーンポストでの記事 [ヒョウタン]日本の植物文様~8月8日はヒョウタンの日|ウリ科ヒョウタン属|エバーグリーン