図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

タチノウゼン

ノウゼンカズラ科 タチノウゼン属

Tecoma stans

〔基本情報〕
常緑低木。
葉は対生する奇数羽状複葉で、5~11個の小葉からなります。
小葉は卵形~披針形となり、鋸歯があります。
気温が合えば一年中開花します。
枝先に総状花序を出します。
花は黄色で、長さ5cmの漏斗状となり、先が2唇状に5裂します。
雄しべは4個あります。
果実は線形の蒴果です。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
暖かい地域であればよく生育します。
名前 タチノウゼン (立凌霄) 、キンレイジュ (金鈴樹) 、キバナテコマ
yellow trumpetbush、yellow bells、yellow elder、ginger-thomas
分布または原産地 ? アメリカ合衆国南部~アルゼンチン
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月
形状 ? 分枝
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
日本花き取引コード ? 63662
検索サイトの検索キー ? タチノウゼン