蛇結茨newインスタ10月の過去記事

オタフクナンテン

メギ科 ナンテン属

Nandina domestica ‘Latifolia’

〔基本情報〕
ナンテンの古くからある園芸品種。
矮性です。
幹は叢生して、あまり枝分かれしません。
葉は互生する3回3出複葉で、小葉は幅が広く丸みがあり、全縁です。
葉は鮮やかな赤色に紅葉します。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
日当たりと水はけのよい場所を好み、強い西日があたる場所や乾燥する場所は避けます。
日当たりが悪いと紅葉の発色が悪くなります。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は地植えの場合は寒肥として有機肥料を施し、鉢植えではリン酸、カリ分が多い緩効性肥料を植え替え時に施します。
病虫害としてはモザイク病、葉枯病、すす病、カイガラムシ、ハマキムシなどがありますが、ふつうは被害は少ないです。
名前 オタフクナンテン 、オカメナンテン (お亀南天) 、ゴシキバナンテン (五色葉南天) 、ゴシキナンテン (五色南天) 、オタフクバナンテン (於多福葉南天)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月
葉の鑑賞期間 ? 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
形状 ? 分枝
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
葉の色 ? 赤、緑
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐乾性、耐陰性
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、花壇、公園・庭園、街路樹、壁面緑化、コンテナ、苔玉
病害 ? モザイク病、葉枯病、すす病
虫害 ? カイガラムシ、ハマキムシ
日本花き取引コード ? 20454
検索サイトの検索キー ? オタフクナンテン

「オタフクナンテン」への投稿写真