山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ミツカドネギ

ヒガンバナ科 ネギ属

Allium triquetrum

〔基本情報〕
地下に鱗茎ができる高さ20~60cmほどの多年草。
全体に独特の香りがあります。
葉は2~3個が根生し、扁平な線形で裏面に稜状の脈があります。
花茎は断面は三角形で、先端に散形花序を出し、白色で鐘形の花を4~19個つけます。
花被片は長さ10~18mmで中央に緑色の筋のはいります。

〔利用〕
全草を食用にします。
名前 ミツカドネギ (三角葱)
three-cornered leek、onion weed
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南西部、アフリカ北西部、マデイラ諸島、カナリア諸島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 散形花序
花の色 ?
葉の色 ?
食用 ? 花、葉、茎、球根
有用 ? 食用
検索サイトの検索キー ? ミツカドネギ