図解ガイドnew花の色が変化しますnew6月の過去記事いいねしよう

サツマイモ

ヒルガオ科 サツマイモ属

Ipomoea batatas

〔基本情報〕つる性の多年草。
長い茎が地面を這います。
葉は互生し、心臓形~卵形で掌状に深く切れ込むものもあります。
葉の縁は全縁です。
花は径3~7cmの漏斗形でアサガオに似た形をし、淡紫紅色ときに白色ですが、畑ではあまり開花はみられません。
塊根(芋)は、茎の節から出た不定根が地中で肥大したもので、形や色はさまざまです。

〔来歴〕メキシコ~グアテマラに起源があると考えられ、紀元前3,000年以前にはメキシコで栽培されていたとされます。
1492年のコロンブスによる新大陸発見により、ヨーロッパにもたらされました。
日本には1600年代初頭に沖縄~南九州に渡来しました。
関東への普及は享保年間の青木昆陽による業績が大きいです。

〔利用〕塊根(芋)を食用や焼酎・蒸留酒などアルコールの原料とします。
また、塊根やつるを飼料として利用します。
観葉植物としても販売されています。

〔栽培〕栽培型によって異なりますが、通常は5~6月に苗を植えつけ、9~11月に収穫します。
日あたりがよく、通気性に富んで痩せたやや酸性の土壌を好みます。
ひどく乾燥しないかぎり潅水は必要ありません。
肥料が多いとツルばかり伸びて芋が太らない「つるボケ」となるので、肥料は控えめにするか、もしくは施しません。
肥料を施す場合は、最小限の元肥のみで追肥は行いません。
また、窒素分が多い肥料はつるボケの原因になるので、カリ分の割合を多くします。
土を深くよく耕し、水はけと通気性をよくするため、高さ30cmほどの高畝をつくるとよいです。
黒マルチを張ると雑草が防げます。
苗は3~4節が土に埋まるように斜めに植えこみ、植え付け後は、たっぷりと水をやります。
放っておくとつるがどんどん広がっていくので、伸びたつるを地面からはがして節から出ている不定根を切る「つる返し」を定期的に行うと狭いスペースでも育てられます。
「つる返し」は芋ができすぎて養分が分散してしまうのも防ぎます。
収穫は、試し掘りで時期を判断して、天気の良い日の午前中に掘りあげ、日に当てて表面を乾かします。
低温にあたると芋が傷むので、霜が降りる前に収穫を終えます。
病虫害として黒斑病、立枯病、斑紋モザイク病、コガネムシの幼虫、ヨトウムシ、エビガラスズメの幼虫、コメツキムシの幼虫、サツマイモネコブセンチュウ、イモコガなどがあります。
名前 サツマイモ (薩摩芋) 、スイートポテト 、カライモ (唐藷) 、カンショ (甘藷) 、バンショ (番藷) 、リュウキュウイモ (琉球藷)
sweet potato、sweet potato vine、yam
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ? 桃、白
花径 ? 30〜70mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
用途適性 ? コンテナ、ベランダ
病害 ? 黒斑病、立枯病、斑紋モザイク病
虫害 ? コガネムシの幼虫、ヨトウムシ、エビガラスズメの幼虫、コメツキムシの幼虫、サツマイモネコブセンチュウ、イモコガ
有用 ? 食用、飲用
日本花き取引コード ? 23498
検索サイトの検索キー ? サツマイモ
エバーグリーンポストでの記事 [サツマイモ]お庭レシピ 第25回 サツマイモの葉を食べる|ヒルガオ科サツマイモ属|エバーグリーン

[サツマイモ]お庭レシピ 第17回 超カンタン 蒸しイモ|ヒルガオ科サツマイモ属|エバーグリーン

「サツマイモ」への投稿写真