• 現在編集記事が正しく表示されていません。復旧に向け調査中です。
  • フウセントウワタ

    キョウチクトウ科 フウセントウワタ属

    Gomphocarpus physocarpus

    〔基本情報〕
    高さ1~2mになる亜低木。
    耐寒性がないため日本では暖地以外では一年草として扱います。
    茎や葉を傷つけると白い乳液を出します。
    茎はよく枝分かれします。
    葉は対生する単葉で、長さ10cm、幅1.2cmほどの披針形~倒披針形です。
    茎の上部の葉腋から散形花序を出します。
    花は白色で、花冠は5裂し、副花冠が淡い紫色です。
    果実は風船のようにふくらむ袋果で、先はとがり、小さな突起が数多くつきます。
    種子には冠毛があります。

    〔栽培〕
    増殖は実生と挿木によります。
    挿木は切り口をすぐ水で洗うか水につけるなどして乳白色の乳液を洗い流し、切り口を乾かしてから挿します。
    霜が降りない地域であれば冬越し可能です。
    日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
    水はけが悪いと根腐れを起こします。
    大株になるのである程度のスペースを確保します。
    水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
    施肥は肥料過多になると花つきが悪くなったり、茂りすぎたりするので、地植えの場合は元肥のみとし、鉢植えの場合は開花後~秋まで液肥を与える程度とします。
    病虫害は特にありません。
    名前 フウセントウワタ (風船唐綿) 、フウセンダマノキ (風船玉木)
    balloonplant、balloon cotton-bush、bishop's balls、nailhead、swan plant
    花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
    実のなる季節 ? 8月、9月、10月、11月
    分布または原産地 ? アフリカ南東部
    生活型 ? 一年草、亜低木
    生活様式 ? 地生
    植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月
    草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 対生
    花のつき方 ? 散形花序
    花の色 ?
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 種、挿木
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 非耐寒性
    用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ
    日本花き取引コード ? 14395
    検索サイトの検索キー ? フウセントウワタ