筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ギンヨウアカシア

マメ科 アカシア属

Acacia baileyana

〔基本情報〕高さ5~10mほどの常緑の低木または小高木。
葉は小枝にらせん状に互生する長さ4~6cmの2回羽状複葉です。
葉は銀灰色で、2~6対の羽片からなり、それぞれの羽片には長さ6mmほどの小葉が12~20対つきます。
上部2~3対の羽片の基部には蜜腺があります。
枝先に球状の頭状花序がさらに総状に集まった長さ5~10cmの花序を出し、黄金色の花を多数密につけます。
果実は赤褐色で長さ7cm、幅1cmほどの扁平な豆果です。

〔利用〕花や葉が美しく、切枝に用います。

〔栽培〕増殖は実生によります。
種子は発芽を促進するため、採取したら80℃のお湯に30分浸け、そのまま半日~2日浸けてから播きます。
発芽適温は20~25℃で播種後1~3週間ほどで発芽し始めます。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
関東地方以南の暖地では露地で越冬できますが、寒地では鉢植えにし冬期は防寒します。
十分に日に当たらないと花が咲きません。
また、強風によって、枝や幹が折れることがあるので、風当たりの強い場所は避けます。
軽い霜であれば耐えます。
庭植えの場合、根づいてしまえば極端に乾燥しないかぎり潅水は必要ありません。
夏の潅水は気温の低い朝か夕方におこないます。
開花後に強く刈り込むと、樹齢を長くすることができます。
成木での移植は難しいですが、どうしても行なう場合は前年に根回しをおこないます。
病虫害としてはカイガラムシ、アブラムシなどがあります。

〔備考〕名は銀灰色をした葉に由来します。
名前 ギンヨウアカシア
Cootamundra wattle
花咲く季節 ? 2月、3月
分布または原産地 ? オーストラリア南東部
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 5000〜10000mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 50〜100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
虫害 ? カイガラムシ、アブラムシ
有用 ? 生け花
日本花き取引コード ? 21584
検索サイトの検索キー ? ギンヨウアカシア