• らん展レポートnew
  • 2月の過去記事
  • シャクヤク

    ボタン科 ボタン属

    Paeonia lactiflora

    〔基本情報〕
    高さ50~90cmの多年草。
    紡錘状の根をもちます。
    葉は互生する長さ20~40cmの1~2回3出複葉で、小葉は3つに裂けることが多いです。
    枝の先端に大きな花を単生させます。
    花は径10cmほどで上向きに開き、白色~淡い紅色ですが、園芸品種には濃紅色までの幅が見られ、径18cmになる大輪花もあります。
    雄しべは黄色く、よく目立ちます。
    花には芳香があります。
    園芸品種は花の形によって一重咲き、アネモネ咲き、半八重咲き、八重咲きなどに分類されます。

    〔来歴〕
    中国では紀元前にはすでに薬草として栽培され、晋の時代(265~316)には仏前の供花として品種名も記載され、宋代(960~1279)になると、8階級34品種の記録があらわれます。
    日本には古くに薬用植物として伝わり、江戸時代中期までに100品種以上が作られました。

    〔利用〕
    根を薬用とします。

    〔栽培〕
    増殖は株分けによります。
    太い根を切らないように注意し、3~4個の芽をつけた株に分けます。
    日当たりと水はけ、水もちがよい肥沃な土壌を好みます。
    風通しがよく、夏の強い西日や乾燥を避けられる場所で育てます。
    水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、水切れに注意します。
    地植えの場合は極端に乾燥しないかぎりは特に潅水は必要ありません。
    肥料が不足すると花つきが悪くなるので、施肥は元肥のほか早春、開花後、秋に緩効性化成肥料を施します。
    病虫害としてはウイルス病、灰色かび病、うどんこ病、ネコブセンチュウ、アブラムシ、ヨトウムシなどがあります。
    名前 シャクヤク (芍薬) 、エビスグサ 、ピオニー
    Chinese peony、common garden peony
    花咲く季節 ? 5月、6月
    分布または原産地 ? チベット東部~中国北部、シベリア東部
    生活型 ? 多年草
    生活様式 ? 地生
    良く似た植物 ? ボタン
    植え付け(または播種)季節 ? 9月、10月
    形状 ? 分枝
    草丈・樹高 ? 500〜900mm
    葉の形 ? 3出複葉
    葉の生え方 ? 互生
    花のつき方 ? 単生
    花の色 ? 赤、桃、白
    花径 ? 100〜180mm
    葉の色 ?
    種苗の入手難易度 ?
    種苗の入手形態 ?
    繁殖方法 ? 株分け
    日照条件 ? 日向
    水分の必要性 ? 普通
    土の必要性 ? 必要
    耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
    用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ
    病害 ? ウイルス病、灰色かび病、うどんこ病
    虫害 ? ネコブセンチュウ、アブラムシ、ヨトウムシ
    有用 ? 薬用
    検索サイトの検索キー ? シャクヤク
    エバーグリーンポストでの記事 「草木花 × お庭の五輪」チェルシー・フラワーショーに挑む若きガーデナーたち〜 柏倉一統さん、佐藤未季さん(後編)|エバーグリーン