筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハナキンポウゲ

キンポウゲ科 キンポウゲ属

Ranunculus asiaticus

〔基本情報〕
多年草。
地下に小さな塊根をもちます。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉は2~3回3出複葉となり、裂片は鋸歯があるか深く3裂します。
長い葉柄があり、葉柄の基部は鞘状になります。
1~数本の花茎を出し、1茎ごとに数個の花をつけます。
花は径3~5cmの5弁花で、赤、桃、橙、紫、黄、白など豊富な花色があります。
雄しべの葯は紫黒色です。
園芸品種が多く、一般的には花径10cm以上の八重大輪となる品種が栽培されています。
秋から春にかけて生育し、夏前には地上部が枯れて休眠します。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
球根を掘り上げる場合は葉がすべて枯れてから掘り上げて陰干しし、日陰の涼しい場所で乾燥状態で保管します。
球根はいきなり植えて水をやると腐りやすいので、植えつけ前に湿った砂の上に置いて徐々に吸水させ、新しい根が伸びてくるのを確認してから植えつけます。
暖地では戸外越冬可能ですが、寒冷地では霜よけをします。
日当たりと水はけ、水もち、風通しがよく有機質に富んだ土壌を好みます。
酸性土壌を嫌います。
水やりは鉢植えの場合は秋~春は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、葉が黄色くなりだしたら徐々に乾かし気味に管理し、休眠中は水を断ちます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥として有機質の肥料を施すほか、開花期間中は液肥を施します。
休眠中は施肥を中断します。
病虫害としては灰色かび病、アブラムシなどがあります。
名前 ハナキンポウゲ (花金鳳花) 、ラナンキュラス 、ハナキツネノボタン (花狐の牡丹)
Persian buttercup
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南東部(クレタ島、カルパトス島、ロードス島)、アフリカ北東部、南西アジア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、9月、10月
草丈・樹高 ? 300〜500mm
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
葉の特記事項 ? 葉には根出葉と茎葉があります。
花の色 ? 赤、橙、黄、緑、紫、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根、苗
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? アルカリ性、中性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? 灰色かび病
虫害 ? アブラムシ
検索サイトの検索キー ? ハナキンポウゲ