蛇結茨newインスタ10月の過去記事

マーシュマロウ

アオイ科 タチアオイ属

Althaea officinalis

〔基本情報〕高さ1mほどになる多年草。
茎や葉に軟毛がはえ、ビロードのような手触りがあります。
葉は互生する単葉で、卵形~心臓形で掌状に浅く裂けます。長い葉柄をもちます。
花は葉腋に単生し、径2~3cmほどの5弁花で薄桃色~紅色です。
果実は輪状に並ぶ分果となり、熟しても裂開しません。

〔利用〕根はアルテア根といい、胃腸薬や賦形剤として用いるほか、お菓子のマシュマロの原型になったということです。
若葉や花をハーブティーとして利用します。

〔栽培〕園芸的には1~2年草として扱うことが多いです。
水はけと日当たりがよい肥沃な土壌を好みます。
増殖は実生によります。
病害虫としてハマキムシがあります。
名前 マーシュマロウ 、ウスベニタチアオイ (薄紅立葵) 、ビロードアオイ 、マシュマロウ
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? ヨーロッパ東部
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 落葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ? 桃、赤
花径 ? 20〜30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 花壇、公園・庭園
虫害 ? ハマキムシ
食用 ? 葉、花
有用 ? 飲用、薬用
日本花き取引コード ? 64090
検索サイトの検索キー ? マーシュマロウ

「マーシュマロウ」への投稿写真