さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

カリン

バラ科 カリン属

Pseudocydonia sinensis

〔基本情報〕高さ8mほどの落葉高木。古い幹では樹皮が鱗状にはがれ、不規則な雲紋ができます。小枝には刺はありません。
葉は単葉で互生し、長さ4~7cmの倒卵形~長倒卵形で、腺状の鋸歯があり、裏面にははじめ黄白色の軟毛がはえます。
花は短枝の先の葉腋に1個つき、4~5月に開花します。花は径3cmほどの淡紅色の5弁花で、花弁の基部には短い爪があります。
果実は長さ10cmほどの楕円形~倒卵円形、表面は無毛で、黄色く色づき芳香があります。

〔来歴〕古くに中国から渡来しました。

〔利用〕果実はかたくて渋味が強いですが、砂糖漬けや果実酒に利用され、咳止めとしても用いられます。材は床柱、家具などに用いられます。

〔栽培〕増殖は実生、挿木、取木によります。冷涼な気候を好み、日当たりと排水がよい肥沃な土壌が適します。
病虫害は黒星病、カイガラムシなどがみられます。
名前 カリン (榠樝) 、アンランジュ (安蘭樹)
Chinese quince
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 中国北部(湖北省、浙江省)
ハーディネスゾーン ? 6a:6b
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、11月、12月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 8000mm
葉の形 ? 単葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 30mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園、街路樹
病害 ? 赤星病、黒星病
虫害 ? アブラムシ、カイガラムシ、シンクイムシ、カミキリムシ
食用 ?
有用 ? 食用、薬用、その他
日本花き取引コード ? 19256
検索サイトの検索キー ? カリン
エバーグリーンポストでの記事 [カリン]のど飴で知られるカリン|バラ科カリン属|エバーグリーン