3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

コショウ

コショウ科 コショウ属

Piper nigrum

〔基本情報〕常緑つる性低木。
つるは7~8m程に伸び、木質化します。節がふくれ、茎の下部にある節から気根を出して他のものにからみます。
葉は単葉で互生し、長さ10~15cmの卵形で革質、全縁です。
葉の対となる位置に長さ10-15cmの花穂が下垂します。花は小さく、多数が密につきます。
果実は径3~6mmほどの球形で緑から赤色、さらに黒みを帯びて熟し、中に一個種子が入っています。

〔来歴〕古代ローマ時代にはシナモンとともに珍重されました。日本には中国を経て渡来し、奈良時代にすでに記録があります。

〔利用〕香辛料のほか薬用に用いられます。青い未熟果を収穫し乾燥したものが黒胡椒、熟した果実を収穫し、乾燥後、皮を除いたものが白胡椒です。ほか収穫時期や製法の違う青胡椒、赤胡椒があります。

〔栽培〕増殖はふつう挿木によります。
名前 コショウ (胡椒) 、ペッパー
pepper、black pepper
分布または原産地 ? インド西南部
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花序の長さ ? 100〜150mm
実の色 ? 緑、赤
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
土の必要性 ? 必要
香り ? スパイス系
有用 ? 香辛料、薬用
日本花き取引コード ? 22121
検索サイトの検索キー ? コショウ
エバーグリーンポストでの記事 「草木花 × 牧野植物園」2023年朝ドラのモデル「牧野富太郎」の故郷の山に広がる大きな植物園(後編)|エバーグリーン