難を転じるnew1月の過去記事インスタ

オランダイチゴ

バラ科 オランダイチゴ属

Fragaria ananassa

〔基本情報〕交配によって作られた多年草です。全体に毛があります。葉腋から走出枝(ランナー)を出して、その先に子株をつけます。
葉は根出または互生し、長い柄があり、3小葉からなる複葉で鋸歯があります。
花は白色で花弁は5-8個です。
果実のように見える部分は肥大した花床で、花床表面のくぼみについている、いわゆるイチゴのつぶつぶが本当の果実です。

〔来歴〕『枕草子』にイチゴの名を見ることができますが、これはオランダイチゴのことではありません。日本には1800年代にオランダ人によって持ち込まれました。栽培が本格化したのは1960年代後半からの高度経済成長期です。

〔利用〕イチゴとして店頭に出回ります。

〔栽培〕増殖は子株の株分けによります。病害虫としてウイルス病、灰色かび病、ヨトウムシ、アブラムシがあります。またナメクジやダンゴムシ、野鳥による実の食害にも注意が必要です。
名前 オランダイチゴ (阿蘭陀苺) 、イチゴ (苺)
garden strawberry、strawberry、commercial strawberries
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 5月、6月
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 10月、11月
葉の形 ? 3出複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花の色 ?
実の色 ? 赤、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? ウイルス病、灰色かび病、うどんこ病、炭そ病
虫害 ? ヨトウムシ、アブラムシ、ナメクジ、ダンゴムシ、ネキリムシ、ハダニ、コナジラミ
食用 ?
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 22374
検索サイトの検索キー ? オランダイチゴ
エバーグリーンポストでの記事 [オランダガラシ]オランダガラシはあの野菜|アブラナ科オランダガラシ属|エバーグリーン