さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

ソテツ

ソテツ科 ソテツ属

Cycas revoluta

〔基本情報〕海岸近くの日当たりがよい崖地にはえ、高さ3~5mになる常緑低木。裸子植物。雌雄異株。
幹はふつう1本立ちで円柱状で太く、表面には枯れた葉柄の基部が残ります。
葉は幹の先端に集まって多数つき、長さ50~120cm、100対をこえる数多くの小葉からなる1回羽状複葉です。小葉は長さ10~20cm、幅5mmと細長く、葉の質はかたくて先端がとがり、濃緑色で光沢があります。
花は幹の先端につきます。雄花は直立し、長さ50~70cm、径10~15cmの先がとがった円柱形です。雌花は羽状で上部に黄褐色の毛が密生する心皮の基部に3-5個の胚珠がつきます。
種子は扁平でまるく、表面は光沢のある赤色です。
この木が枯れそうになった時、鉄を与えると蘇る(蘇鉄)という言い伝えがあり、この名がつきました。

〔利用〕幹や種子にはデンプンが含まれるため、昔は飢饉の際に除毒して食料とされました。

〔栽培〕増殖は実生、株分けによります。日当たりと排水のよい砂質土を好み、乾燥にきわめて強いです。水のたまる粘土質の土では衰弱します。強健ですが生長は遅いです。
日当たりがよいと引きしまった力強い樹形になりますが、日陰では葉が間延びします。強風や潮風によく耐え、大気汚染にもかなり耐性があります。
移植は晩春から夏が適期で、葉と根をとった裸の幹を挿木する状態で行われることが多いです。
関東付近の沿岸の暖地までは露地で越冬できます。冬囲いをすれば東北南部や新潟付近までなら越冬可能です。
名前 ソテツ (蘇鉄)
fern palm、sago palm
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
実のなる季節 ? 12月、1月、2月
分布または原産地 ? 日本(九州、琉球;宮崎県以南)、台湾、中国南部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 3000〜5000mm
葉の形 ? 偶数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 球状、円柱状
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、切花、公園・庭園
日本花き取引コード ? 19053
検索サイトの検索キー ? ソテツ
エバーグリーンポストでの記事 [ソテツ]古今東西 ご神木巡礼 番外編 八丈島の樹齢600年を超すソテツ|ソテツ科ソテツ属|エバーグリーン