ザゼンソウnew年間ランキング1月の過去記事いいねしよう

アシタバ

セリ科 シシウド属

Angelica keiskei

〔基本情報〕海辺にはえる多年草。
茎は高さ50~120cmになり、太く、上部でよく枝分かれします。
茎は無毛です。
茎や葉を傷つけると黄色い汁が出ます。
葉は互生する1~2回3出羽状複葉で、小葉は広卵形でさらに裂け、縁には鋸歯があります。
葉はやや厚みがあり、表面には光沢があり、無毛です。
葉柄は袋状にふくらみます。
茎先に大きな複散形花序をつけ、淡い黄色の小さな5弁花を多数つけます。
花序には総苞片はなく、小総苞片が数個つきます。
果実は長さ6~12mmで扁平な長楕円形の分果です。

〔来歴〕八丈島では古くから重要な野菜とされていたことが『大和本草』(1709)に記されています。
また、この島に流罪になった近藤富蔵は『八丈実記』(1848~1860)に栽培法や利用法を詳しく記しています。

〔利用〕茎や葉は食用になりますが、味にクセがあります。
葉は薬用とされます。
家畜の飼料にもされます。

〔栽培〕増殖は実生によります。
半日陰で水はけのよい肥沃な場所を好みます。
真夏の直射日光や風通しの悪いところ、強い暑さでは傷みます。
株間30cmほどで定植し、肥料としては鶏糞や油粕など有機肥料を少量施します。
水やりは土が乾いたら与え、真夏は朝と夕方の気温が低い時間帯に潅水します。
多湿は根腐れの原因となります。
梅雨時は溝をつくって排水するなど注意が必要です。
1年目は株を充実させ、2年目以降に収穫するとよいです。
花が咲くと種子ができて枯れてしまうので、定期的に収穫して花が咲くのを遅らせます。
2~3年目に開花、結実して枯死します。
病虫害は特にありません。

〔備考〕名は「葉を摘んでも明日には新芽が出る」ほど生育が旺盛なことに由来します。
名前 アシタバ (明日葉) 、ハチジョウグサ (八丈草) 、アシタグサ (明日草) 、アシタボ (明日穂)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、10月、11月
草丈・樹高 ? 500〜1200mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇
食用 ? 葉、茎
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 22857
検索サイトの検索キー ? アシタバ
エバーグリーンポストでの記事 [ドクダミ]お庭レシピ 第20回 ドクダミ|ドクダミ科ドクダミ属|エバーグリーン

[アシタバ]お庭レシピ 第6回 『アシタバ』〜豊富な栄養をいただく|セリ科シシウド属|エバーグリーン