ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

アキタブキ

キク科 フキ属

Petasites japonicus subsp. giganteus

〔基本情報〕高さ2mにもなる多年草。
地下茎を長く伸ばして、先に新苗をつくります。
葉は花後に、地下茎の先に根出し、幅1.5mに達する腎円形で基部が深い心形となります。
葉の縁には微凸状の歯があります。
若い葉には表面に縮れた短毛、裏面にくも毛がありますが、のち無毛となります。
葉柄は長さ2mにもなり、ふつう紫色を帯びます。
雌雄異株です。
前年の夏に地下茎の先に花芽ができ、葉柄の基部と鱗片状の苞に包まれて越冬します。
翌年早春、葉が出る前に苞に包まれた花芽が卵形の薹(とう)として顔をだします。
花茎は高さ100cmで、円錐花序に白色の頭花を多数つけます。
花茎につく苞は長さ6.5~10cmの長楕円形です。
雄株の頭花はすべて筒状の両性花となり結実しません。
雌株の頭花は縁に多数の雌花があり、中央が両性花となり結実します。
雌花の花冠は糸状です。
果実は円柱形の痩果で白い冠毛があります。

〔利用〕葉柄や葉を食用にします。

〔備考〕北海道足寄町螺湾川周辺にあるラワンブキとよばれるものは高さ3m、茎の径が10cmに達し、北海道遺産に指定されています。
足寄町では特産品となっています。
名前 アキタブキ 、エゾブキ
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州北部)、千島、樺太
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? アキタブキ
エバーグリーンポストでの記事 [フキ]食べて良し、見て良しのフキノトウは何の芽?|キク科フキ属|エバーグリーン