おすすめ本と映画new5月の過去記事いいねしよう

クルマバハグマ

キク科 コウヤボウキ属

Pertya rigidula

〔基本情報〕
山地の林のやや乾いた場所でみられる高さ50~100cmになる多年草。
長くのびる根茎をもちます。
茎は直立して、枝分かれしません。
葉は茎の中ほどに6~8枚が輪生状につく単葉で、長さ15~30cm、幅4~11cmの楕円形です。
葉先はとがります。
葉の縁には細かい鋸歯があります。
茎先に円錐状の花序をつけ、6~25個の頭花をまばらにつけます。
頭花は径1㎝ほどで、6~10個の白色の筒状花からなります。
筒状花の花弁は深く5裂して、先端が反り返ります。
果実は痩果で白色の冠毛があります。

〔備考〕
葉のつき方による名です。
名前 クルマバハグマ (車葉白熊)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(東北地方~近畿地方のおもに日本海側)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 輪生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? クルマバハグマ

「クルマバハグマ」への投稿写真