図鑑118種充実new岩間に映える薄紫の花new投稿数制限のお知らせ

サワギク

キク科 サワギク属

Nemosenecio nikoensis

〔基本情報〕
山地の林内や林縁でみられる高さ0.3~1.2mの多年草。
根茎から地中に匐枝をのばします。
茎はやわらかく、直立して上部で枝分かれし、白い毛がはえます。
葉には根出葉と茎葉があり、根出葉には白い毛が密にはえます。
根出葉と茎の下部の葉は開花期には枯れています。
茎につく葉は互生し、長さ5~14cm、幅2.5~8.5cmの楕円形で羽状に深く裂け、裂片は4~6対あって先がとがります。
葉は質が薄く、やわらかく、両面に毛がはえます。
茎先に黄色い頭花を散形状に多数つけます。
頭花は径1.2cmほどで、舌状花と筒状花からなります。
総苞は長さ0.5cmほどの筒形で、総苞片は1列につきます。
花柄は細く、苞はありません。
果実は痩果で白い冠毛があります。

〔備考〕
別名は、冠毛が集まった様子がぼろくずのようなことからついた名です。
名前 サワギク (沢菊) 、ボロギク (襤褸菊)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 300〜1200mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? サワギク
エバーグリーンポストでの記事 [ノボロギク]ノボロギクの魅力|キク科ノボロギク属|エバーグリーン

「サワギク」への投稿写真