• 今月までが蒔きどき〜パンジーnew
  • 10月の記事一覧
  • Facebookページにいいね!しよう
  • 文一総合出版

    ヤクシソウ

    キク科 アゼトウナ属

    Crepidiastrum denticulatum

    〔基本情報〕日当たりがよく、やや乾燥した草地などでみられる高さ30~120cmの越年草。
    茎や葉を傷つけると白い汁が出ます。
    茎は軟弱でよく枝分かれして、直立します。
    葉には根出葉と茎葉があります。
    根出葉はさじ形で、冬は赤みを帯び、開花時には枯れます。
    茎葉は互生する単葉で、長楕円形です。
    茎の基部は茎を抱きます。
    枝先に多数の頭花を散房状につけます。
    頭花は径1.5cmで黄色く、13~19個の小花からなります。
    花は上向きに咲き、咲き終わると花柄が曲がって下を向きます。
    果実は長さ3.5mmの痩果で、白色の冠毛があります。

    〔利用〕全草を民間薬として、浴湯料や凍傷に用います。
    名前 ヤクシソウ (薬師草)
    花咲く季節 ? 8月、9月、10月、11月
    分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、朝鮮、中国、ベトナム
    生活型 ? 越年草
    生活様式 ? 地生
    草丈・樹高 ? 300〜1200mm
    葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
    葉の生え方 ? 互生、根生
    花の色 ?
    花径 ? 15mm
    葉の色 ?
    検索サイトの検索キー ? ヤクシソウ