3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

イワインチン

キク科 キク属

Chrysanthemum rupestre

〔基本情報〕
高山の岩場でみられる多年草。
短い根茎をもち、茎は細くてかたく、叢生して直立し、高さ10~20cmになります。
葉は互生し、羽状に深く裂けて、裂片は幅1~1.5mmの線形となり、裏面は白い毛が密にはえて銀白色となります。
茎の上部に密な散房状の花序を出し、径3~4mmの黄色い頭花を数多くつけます。
頭花は管状花のみからなります。
果実は痩果です。
オオイワインチンは草丈や頭花など全体に大きく、葉の裂片も幅が広いです。
名前 イワインチン (岩茵蔯) 、インチンヨモギ (茵蔯蓬)
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(本州:中部地方以北)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? オオイワインチン
草丈・樹高 ? 100〜200mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? イワインチン
エバーグリーンポストでの記事 [イワインチン]”岩場のヨモギ”の黄色い小花と黄金色の葉|キク科キク属|エバーグリーン