ケンポナシnewいいねしよう1月の過去記事

チシマギキョウ

キキョウ科 ホタルブクロ属

Campanula chamissonis

〔基本情報〕
高山のハイマツ帯より上部の砂礫地や岩の割れ目、風衝草原でみられる高さ5~15cmの多年草。
根茎は横に這い、よく枝分かれします。
葉には根出葉と茎につく葉があり、根出葉は長さ1.5~9cm、幅0.5~1.5cmの長楕円形~倒披針形で、質が厚く、表面には光沢があり、葉先はまるく、基部は徐々に狭くなって長い葉柄に続きます。
葉の縁には波状の小さな鈍い鋸歯があり、葉の縁と裏面の主脈にまばらに毛がはえます。
茎葉は互生する単葉で、小さく、数個つきます。
花は茎先に1個つき、横~やや下向きに咲くことが多いです。
花は長さ3~4cmで青紫色の鐘形で、花冠は先が5裂し、裂片の縁と内側に白く長い毛がはえます。
萼は5裂し、先のとがる三角状広披針形でほぼ全縁、長い毛がはえます。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
水はけのよい土を好み、山野草用の土を用いてもよいです。
日当たりのよい場所を好みますが、暑さや夏の強い直射日光を嫌うので、夏は半日陰の涼しい場所で管理します。
水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は元肥を施すほか、春と秋に薄めた液肥を与え、真夏に肥料が残らないようにします。
病虫害としてはナメクジ、ヨトウムシ、ハダニ、アブラムシ、軟腐病があります。
名前 チシマギキョウ (千島桔梗)
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中部地方以北)、南千島、千島列島、サハリン、アリューシャン列島、カムチャツカ半島、アラスカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? イワギキョウ
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月
草丈・樹高 ? 50〜150mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 青、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 軟腐病
虫害 ? ナメクジ、ヨトウムシ、ハダニ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 20730
検索サイトの検索キー ? チシマギキョウ
エバーグリーンポストでの記事 [イワギキョウ]花の向きや大きさで見分けます|キキョウ科ホタルブクロ属|エバーグリーン