秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

キツネノマゴ

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属

Justicia procumbens var. leucantha f. japonica

〔基本情報〕道端や空き地などで普通にみられる高さ10~40cmの一年草。
茎はまばらに枝分かれし、6稜があって、節が膨らみます。
茎には短い毛が下向きに密にはえます。
葉は対生する単葉で、長さ2~4cm、幅1~2cmの卵形、全縁です。
短い葉柄があります。
枝先に穂状花序を出し、密に線形の苞をつけ、その間から花が顔を出します。
花は淡い紅紫色の唇形花です。
果実は蒴果です。

〔利用〕若い茎や葉を食用とするほか、地上部を薬用とします。
名前 キツネノマゴ (狐孫) 、カワリキツネノマゴ (変わり狐孫)
花咲く季節 ? 8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国中南部、インドシナ、マレーシア、インド、セイロン
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 100〜400mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 紫、桃
食用 ? 葉、茎
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 73397
検索サイトの検索キー ? キツネノマゴ
エバーグリーンポストでの記事 [キツネノマゴ]存在感は薄いけど、花はかわいいキツネノマゴ|キツネノマゴ科キツネノマゴ属|エバーグリーン