甘かったり苦かったりnew1月の過去記事インスタ

ナンバンギセル

ハマウツボ科 ナンバンギセル属

Aeginetia indica

〔基本情報〕山野でよくみられる一年生の寄生植物。
葉緑素をもたず、おもにイネ科など単子葉植物の根に寄生して、寄主の根から吸収した栄養分で生育します。
日本ではふつうススキに寄生しますが、熱帯ではサトウキビやユッカ、ショウガの仲間などに寄生します。
全体に無毛で、茎はごく短く、ほとんど地上には出ません。
葉は長さ5~10mm、幅3~4mmの三角形で、黄褐色の鱗片状となり、茎にまばらにつきます。
葉腋から長さ15~30cmほどの花茎を数本出し、茎先に花が単生します。
花茎は赤茶色もしくは黄褐色に赤褐色の縞模様があります。
花は横向きに咲き、長さ3~5cmの太い筒形で先は浅く5裂し、淡い紅紫色です。
花冠裂片の縁は全縁です。
萼は長さ1~3.5cmで鞘状になり、先端は鋭くとがり、紅紫色の筋があります。
果実は長さ1~1.5cmで球状の蒴果です。
粉状の細かい種子が多数含まれます。

〔来歴〕『万葉集』に‘おもいぐさ(思草)’の名で登場します。

〔栽培〕増殖は実生によります。
種子が寄生する相手(宿主)の根につくと発芽して根を伸ばすので、宿主の根をむき出しにして冬~春に種子を播き、また土を戻します。
栽培方法は宿主の生育環境に準じます。
病虫害は特にありません。

〔備考〕花の形をパイプに例えた名です。
名前 ナンバンギセル (南蛮煙管) 、オモイグサ (思草) 、ヒメナンバンギセル (姫南蛮煙管) 、ムニンギセル (無人煙管)
Indian broomrape、forest ghost flower
花咲く季節 ? 8月、9月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、台湾、中国中部・南部、フィリピン、インドシナ、マレーシア、ミャンマー、インド、スリランカ
生活様式 ? 寄生
草丈・樹高 ? 150〜300mm
葉の形 ? 特殊
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
文化との関わり ? 万葉集
日本花き取引コード ? 21985
検索サイトの検索キー ? ナンバンギセル
エバーグリーンポストでの記事 [ラン]着生ランってなに? 覚えておきたい寄生と着生の違い|ラン科|エバーグリーン