モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

キダチチョウセンアサガオ

ナス科 キダチチョウセンアサガオ属

Brugmansia suaveolens

〔基本情報〕3~10mほどになる低木または小高木。
葉は互生する単葉で、大きく、縁が波状または全縁となります。
花は葉腋に単生し、長さは10cm~50cmほどになる先端が大きく開いたラッパ状~筒状で下向きに咲きます。花冠は浅く5裂し、先端は角状にとがって反転します。
花筒の首部は細くくびれます。
花は夜に香るものが多いです。
花色は白やオレンジ、黄色、ピンクなどがあり、八重咲きのものもあります。
萼は長い筒状です。

〔栽培〕栽培は容易で、肥沃な腐植質を含む土壌で生育がよいです。
日当たりがよい場所を好みますが、夏は直射日光には当てないよう遮光が必要です。
鉢植えでは土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えます。
肥料は春から秋の生育期には切らさないように、固形の油かすなどを施します。
剪定をおこなわないと徒長して姿が崩れるため、初冬に大きく刈り込んだ方が良いです。
凍結や霜にあたらなければ露地で冬越しできます。
暖地では大きく育てることができ、花つきのよいものであればのべ100輪以上の花が咲きます。
増殖は実生か挿木、取木によります。
害虫としてヨトウムシやハダニがあります。

〔備考〕アルカロイドなどを含む有毒植物です。
キダチチョウセンアサガオはBrugmansia suaveolensにあてられる和名ですが、日本で広く栽培されているものは本種であることは少なく、多くが交配品種です。
また、コダチチョウセンアサガオ(Brugmansia ×candida)というものもあります。
名前 キダチチョウセンアサガオ (木立朝鮮朝顔) 、オオバナチョウセンアサガオ 、カシワバチョウセンアサガオ 、コダチチョウセンアサガオ
Angel's Trumpet
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月、11月
生活型 ? 低木、小高木
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 3000〜10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 単生
花の色 ? 白、橙、黄、桃
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
虫害 ? ハダニ、ヨトウムシ
毒性 ? アルカロイド
日本花き取引コード ? 22723
検索サイトの検索キー ? キダチチョウセンアサガオ
エバーグリーンポストでの記事 [オシロイバナ、イランイランノキ、キダチチョウセンアサガオ]夏の夜、香りに誘われて|エバーグリーン