筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

文一総合出版

ヤマルリソウ

ムラサキ科 ルリソウ属

Omphalodes japonica var. japonica

〔基本情報〕雑木林の林内や林縁、スギ林の縁、道端などで湿り気のある場所にみられる高さ7~20cmの多年草。
短く太い地下茎があります。
茎は多数出て、白い開出毛が多くはえ、ざらつきます。
葉には根出葉と茎葉があります。
根出葉は長さ7~20cm、幅2~5cmの倒披針形で、ロゼット状に多数出ます。
茎葉は互生する単葉で、根出葉よりも小さく、基部は茎を抱き、茎の上部のものほど小さくなります。
茎先の総状花序にまばらに花をつけます。
花序は枝分かれしません。
花は径1~1.5cmで淡青紫色、中心は黄色です。
花冠は5裂します。
花は咲き終わると下垂します。
果実は分果で、縁は平滑、かぎ状の刺はありません。
名前 ヤマルリソウ (山瑠璃草) 、ヤマウグイス (山鶯)
花咲く季節 ? 4月、5月
分布または原産地 ? 日本(本州:福島県以西、四国、九州)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 70〜200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生、根生
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ? 青、紫
花径 ? 10〜15mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ヤマルリソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ヤマルリソウ]小さくて見過ごしがちな春|ムラサキ科ルリソウ属|エバーグリーン