葛の花でお茶newインスタ12月の過去記事

アオキ

ガリア科(アオキ科) アオキ属

Aucuba japonica var. japonica

〔基本情報〕やや湿った照葉樹林や杉林の中でみられる高さ2~3mになる常緑低木。
枝は濃い緑色で、株からよく枝分かれします。
葉は対生する単葉で、長さ8~20cm、幅2~10cmの広楕円状卵形~広披針形、厚みがあり、表面に光沢があります。
葉の縁には粗い鋸歯があります。
葉は乾くと黒く変色します。
葉柄は長さ1~5cmです。
雌雄異株です。
枝先に円錐花序を出します。
雄花序は長さ5~15cm、雌花序は長さ2~5cmです。
花は径8~10mmの4弁花で、緑~紫褐色です。
雄花には雄しべが4本と花盤があり、雌花には角状の子房があります。
雌株には果実がつき、果実は長さ12~20mmで楕円形の核果で赤く熟します。

〔利用〕葉を民間薬として利用します。

〔栽培〕増殖は実生、挿木、取木によります。
実生の場合は完熟した果実を採り、果肉を水でよく洗い流して、とりまきとします。
栽培は容易です。
日向から日陰まで生育できますが、夏の強い直射日光にあたると葉焼けをおこすことがあります。
また、斑入りの園芸品種は日陰では発色が悪くなります。
やや湿り気のある肥沃な土壌を好み、水はけが悪いと根腐れをおこすことがあります。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。
施肥は春に緩効性化成肥料を株元に施します。
剪定は嫌いますが、おこなう場合は、節の上で切ります。
病虫害としては褐斑病、炭そ病、カイガラムシ、チャノホコリダニ、アオキミタマバエなどがあります。

備考〕枝が青々としていることが名の由来とされます。
名前 アオキ (青木) 、ヒロハノアオキ (広葉青木)
Japanese aucuba、Japanese laurel、spotted laurel、gold dust plant
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
実のなる季節 ? 11月、12月、1月、2月
分布または原産地 ? 日本(東北地方南部~沖縄)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、6月、7月、9月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 4
花の色 ? 緑、茶、紫
花径 ? 8〜10mm
花序の長さ ? 20〜150mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向、日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐陰性
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 褐斑病、炭そ病
虫害 ? カイガラムシ、チャノホコリダニ、アオキミタマバエ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 19633
検索サイトの検索キー ? アオキ
エバーグリーンポストでの記事 [スギ]古今東西 ご神木巡礼 その11 鹿島神宮の杉|ヒノキ科スギ属|エバーグリーン