筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ギンリョウソウ

ツツジ科 ギンリョウソウ属

Monotropastrum humile

〔基本情報〕山地の森林の林床で、湿り気のある腐植質の日陰地でみられる高さ8~20cmの菌従属栄養植物。
多年草です。
葉緑素をもたず、全体が透き通った白色です。
太く短い地下茎と根が密に絡まった球状の塊茎が地下にあります。
塊茎から1~数本の太い地上茎を直立させます。
茎は枝分かれせず、鱗片葉を互生させます。
鱗片葉は長卵形で全縁、半透明で、茎の基部のものは小さくなります。
花は茎先に1個、下向きにつき、長さ1.5cmほどの筒形です。
花も白色ですが、やや赤みを帯びることもあります。
萼片は鱗片葉に似て、長楕円形で全縁です。
花弁は萼片よりやや長く、先が円くなります。
めしべはトックリ状の短い円柱形で、柱頭の縁が青色です。
果実は球形の液果です。
名前 ギンリョウソウ (銀竜草) 、マルミノギンリョウソウ (丸実銀竜草) 、コギンリョウソウ (小銀竜草) 、ユウレイタケ (幽霊茸)
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道~琉球)、朝鮮、台湾、中国、インドシナ、ミャンマー、ヒマラヤ、千島、樺太
生活型 ? 菌従属栄養植物
生活様式 ? 菌従属栄養
草丈・樹高 ? 80〜200mm
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花の色 ? 桃、白
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ギンリョウソウ
エバーグリーンポストでの記事 [ギンリョウソウ]白いロウソクのような多年草|ツツジ科ギンリョウソウ属|エバーグリーン