てのひらガーデニングnew2月の過去記事いいねしよう

ホツツジ

ツツジ科 ホツツジ属

Elliottia paniculata

〔基本情報〕山地の岩場など日当たりのよいやせ地でみられる高さ1~2mの落葉低木。
株元からよく枝分かれします。
若い枝は赤色を帯び、ひれ状の3稜があります。
葉は互生する単葉で、長さ2~6cm、幅1~3cmの楕円形、葉の縁は全縁です。
枝先に円錐花序を出し、多くの花をつけます。
花序の軸には短い毛が密にはえ、花序の基部には苞葉があります。
花は淡い紅色を帯びた白色で、花冠は深く3裂し、裂片の先は反り返ります。
雌しべが花の外に長く突き出します。
果実は球状の蒴果で椀状の萼に包まれます。

〔備考〕花が穂になってつくツツジという意味の名です。
名前 ホツツジ (穂躑躅) 、ヤクシマホツツジ 、ヒロハホツツジ
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部、本州、四国、九州:屋久島まで)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ? 桃、白
検索サイトの検索キー ? ホツツジ
エバーグリーンポストでの記事 [ホツツジ]秋の山歩きを楽しくさせるホツツジ|ツツジ科ホツツジ属|エバーグリーン