レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

マタタビ

マタタビ科 マタタビ属

Actinidia polygama

〔基本情報〕
山地の林縁などでみられ、他のものに巻きついて登る落葉つる性木本。
よく枝分かれし、新枝にははじめ淡い褐色の軟毛がはえますが、のちに無毛となります。
葉は互生する単葉で、長さ6~15cm、幅3.5~8cmの広卵形~楕円形です。
葉の縁には低い鋸歯があります。
葉の両面脈上にはまばらにかたい毛がはえ、裏面脈腋には淡い褐色の毛がはえます。
花のつく枝の葉は、開花期に、葉の上半分または全体が白色になります。
葉柄は長さ2~7cmでしばしば赤色を帯びます。
花は新枝の葉腋にふつう1花ずつつきます。
花は径2~2.5cmで白色の5弁花です。
果実は液果で長さ2~2.5cmで先が細くなる長楕円形となり、橙黄色に熟します。
種子は果実の中心から放射状に環をなして並びます。

〔利用〕
虫こぶを木天蓼(もくてんりょう)とよび、薬用にします。
果実は果実酒や漬物などにされます。
ネコ科の動物に恍惚感を与える植物としても知られます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
日向~半日陰で風通し、水はけがよく適度に湿り気のある土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありませんが、鉢植えでは寒肥として有機質の肥料を施してもよいです。
病虫害としてはアメイロハバチモドキがあります。
名前 マタタビ (木天蓼) 、ナツウメ (夏梅) 、シルバーバイン
silver vine、cat powder、matatabi
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、東アジア
ハーディネスゾーン ? 4a〜4b
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11月、12月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 20〜25mm
葉の色 ? 緑、白
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、公園・庭園
虫害 ? アメイロハバチモドキ
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
動物との関わり ? ネコ科の動物に恍惚感を与える
ことわざ ? 猫に木天蓼
日本花き取引コード ? 19928
検索サイトの検索キー ? マタタビ
エバーグリーンポストでの記事 [サルナシ]意外と美味しいコクワの実|マタタビ科マタタビ属|エバーグリーン