レンゲイワヤナギnew12月の過去記事いいねしよう

キウイフルーツ

マタタビ科 マタタビ属

Actinidia chinensis var. deliciosa

〔基本情報〕他のものに巻きついて5~8mの高さまで登る雌雄異株の落葉つる性木本。
長命で100年以上の樹齢となるものもあります。
新枝には毛茸が密にはえますが、幹や古い枝は無毛です。
葉は互生する単葉で、長さ5~17cmの円形~楕円形です。葉の縁にはわずかに鋸歯があります。葉の裏面にはビロード状の綿毛がはえます。
花は新枝の基部から2~6節ほど先の葉腋に3花ずつつきますが、品種によっては両脇の2花が退化しているものもあります。
雌花は径3~4cm、雄花はそれよりやや小さく、6弁花、咲きはじめはクリーム色でしだいに黄褐色を帯びます。
果実は液果で長さ3~8cm、重さ50~100gの俵型~細長い球状です。
果実の表面には毛茸が密にはえ、若いうちは緑色ですが、徐々に褐色を帯びます。
果肉は緑色で中心部からゴマ粒大の種子が多数、放射状に環をなして並びます。

〔来歴〕中国原産ですが、果樹としての経済栽培としてはニュージーランドでおこなわれました。
1848年のロバート・フォーチュンによる中国植物探索によってヨーロッパにもたらされ、1904年にアメリカに移入されました。
ニュージーランドでは1910年に初めて結実したとされ、その後品種改良が重ねられるようになりました。

〔利用〕果肉に多量のビタミンCを含み、収穫後20~30日程度追熟したのち、果物として出回ります。
果樹としての利用のほか、中国では果実を漢方薬として利用します。
また、つるから得られる膠を建築材料の補強や製紙原料として用います。

〔栽培〕土壌水分が潤沢で腐植に富んだ日当たりのよい場所を好みます。
乾燥、過湿、幼木時の寒害、風害などによわいです。
増殖は接木や挿木によります。
雌木と雄木があるため、実をならせるためには雌木6本程度に1本の割合で雄木が必要です。また安定して着果させるためには雄花を直接雌花につける「人工授粉」をおこなうことが重要です。
また、着果後は急激に果実が大きくなるので、摘蕾や摘果作業をおこなわないと1つ1つの果実が小さくなります。
病害虫としては灰色かび病やかいよう病、花腐細菌病、クワシロカイガラムシ、コガネムシ、カメムシなどがみられます。

〔備考〕名前は果実の外見がニュージーランドの国鳥「キーウィ」に似ていることにちなみます。
名前 キウイフルーツ
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 10月、11月
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11月、12月
形状 ? つる
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 6
花の色 ? 黄白、茶
花径 ? 30〜40mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園、壁面緑化
病害 ? 灰色かび病、かいよう病、花腐細菌病
虫害 ? クワシロカイガラムシ、コガネムシ、カメムシ
味覚 ? 甘味、酸味
食用 ?
有用 ? 薬用、食用、その他クラフト
日本花き取引コード ? 19652
検索サイトの検索キー ? キウイフルーツ
エバーグリーンポストでの記事 [サルナシ]意外と美味しいコクワの実|マタタビ科マタタビ属|エバーグリーン

「キウイフルーツ」への投稿写真