江戸の園芸new4月の過去記事

オオバアサガラ

エゴノキ科 アサガラ属

Pterostyrax hispida

山地の谷沿いなどにはえる落葉高木。
高さ8-10mになり、葉を互生し、初夏に新枝の先端に円錐花序に下垂させ、白い5弁花を多数つけます。果実は狭倒卵形の核果で10稜があり、先端に雌しべの花柱が残存しています。庭木としても植えられます。
同じエゴノキ科のエゴノキの仲間は花が総状につくという違いがあります。
名前 オオバアサガラ (大葉麻殻) 、ケアサガラ
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(本州の宮城県・山形県以南、四国、九州北部)
ハーディネスゾーン ? 6b;9b
検索サイトの検索キー ? オオバアサガラ
エバーグリーンポストでの記事 [オオバアサガラ]独特の匂いと葉っぱの手触りをたのしむ|エゴノキ科アサガラ属|エバーグリーン

「オオバアサガラ」への投稿写真